レーザー脱毛には副作用の心配あり?

効果のあるレーザー脱毛は毛根や毛乳頭をレーザー光で破壊し焼失させるくらいのエネルギーがあるため、効果とともに副作用もあります。
同じ人の皮膚でも部分的にメラニンが多かったり、日焼けしていたりすると部分的にやけどの可能性もあります。
しかし、出力を低くし過ぎると今度は丈夫な毛根部にダメージを与えられず、脱毛効果が得られなくなるなどバランスが求められる治療です。
やけどはほとんど見られない症状ではありますが、レーザー脱毛の副作用の一つとして理解しておくことが大事です。
レーザー脱毛は医療機関が行う医療行為のため、施術後は処方された薬を塗り脱毛当日は刺激を与えず、こすらず、日焼けをしないという事を守ってレーザー脱毛の副作用であるやけどや肌のトラブルを起こさないよう自助努力することも大切です。
ミュゼの脱毛効果は?何回目から効果を実感できる?【ミュゼQ&A】